南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Starbucksを経由してお散歩

b0132153_17172624.jpg
スターバックス ハイドパーク店(たぶん)。

今日はデイオフ、お休みだったので、午後からお買い物がてらデジカメを持ってCityをお散歩してきた。ここ数日Sydneyはめっちゃ寒くて、薄いお布団から出られず…だったのですが今日は暖かく、やっといつものほんわかさが戻ってきた模様。

ブログに載せる写真がなくなってきたので(爆)いつものルートを通り家から一番近いStarbucksを撮影。実は昨日のローカルニュースで、米スターバックスがオーストラリアの61店舗を近いうちに閉店にする、というニュースがありまして。スタバは日本のときから「いつ見ても込んでる」というイメージなのですが、ここオーストラリアでは経営ではダメだったのだろうか……。
意外にも、Sydneyでスターバックス第1号店がオープンしたのは2000年7月のこと。あれ?長い歴史があると思いきや案外最近。調べてみると、その歴史は新しく、1971年ただのコーヒー豆屋さんとしての創業。その後テイクアウトの販売を始め、今では世界30ヶ国に展開~。
日本に第1号店がオープンしたのは1996年らしい。まだ12年の歴史しかないんですね。
話をSydneyに戻すと、その第1号店がハイドパーク店と書かれてあって、私的に(店舗名は知らないが)いつものルートのお店だろう、ここなのか(しかない)!と。ちょっと感動したんであります♪

ちなみにこちら、コーヒーのサイズの一番小さいのがTall。日本ではMサイズ扱いのやつです。こっちの人は、よくGrandeやVenti(日本のLLサイズ!)を持ってます。よく飲みますなー。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-30 17:18 | シドニー生活

3枚の切符

b0132153_127739.jpg
Manlyの景色。街並、海、ヨット。

ワーホリメーカーの中で、「恋愛の3枚の切符」という迷信があります。ワーホリの期間中に3回恋をするっていう意味らしいですが、私がオーストラリアに行きたいなと考え出した5年前くらいに既に聞いたことがあったのでまんざらただの噂でもないのだろう!
その詳しい話はコチラ。

1枚目は「片思いの切符」…片思いで終わる
2枚目は「想われる切符」…誰かに告白される
3枚目は「両想いの切符」…両想いになれる


異国で1年も暮らしていたら誰でもはっちゃけて新しい恋の2つや3つはあるだろうさ~、と思うけど、この3パターンというのがけっこう当たるらしい。
1~3は順番に起こるわけではないから何がいつくるかわからない。それを話してくれた子は、「あとは両思いの切符を使い終わるだけ!」と話していた。キュン。

私は日本に彼をおいていちゃった輩のひとりなんで彼氏ナシで来ていたらワクワクしたんだろうなーとは思うけど、もし今恋なんてしちゃったら、ワクワクどころか別のドキドキが起こってしまう。いわゆる「罪の切符」になっちゃいます!!
まぁ、「想われる切符」はどうだかわからないですが!?(←自意識過剰)

私の周りの日本人の女の子では、タイ、韓国、ブラジル、トルコと付き合っている子がいる。悲しいが日本人の彼がいるっていうのはあまり聞かなく、むしろ「日本と遠恋になってこっちきた友達は全員別れてる」という報告を受けることの多いコト多いコト。常に100%です!
日本人といえど外国に来ればはっちゃけるので、もっといろんな経験を!楽しく行こうよ!いろんな人と付き合ってみたいじゃん!と、恋愛にポジティブになれることがその迷信を作ったのでしょうねー。
ワーキング・ホリデーもなかなか奥深いですよー。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-29 23:56 | 恋愛

Cityを出ると

b0132153_1824538.jpg
Kings Crossといえば、このコークの大きな看板があまりにも有名。Cityから見て高い位置にあるため、夜はこのネオンの赤がすっごく目立ちます!写真は観光用の2階建バスより(人より拝借)。

今日は友達と、Kings Cross(キングスクロス)の近く(地域的にはDarlinghurst(ダーリングハースト))にあるカフェに行きました!
Kigscross略してキンクロは、シティから車で5~10分、シドニーの繁華街として有名な場所でございます。札幌でいうすすきの、仙台でいう国文町、新宿でいう歌舞伎町ですね~。それから、アマチュアバンドのライブなんかもよく行われている場所。
夜は怖いし目的もないので行ったことはないんですが、昼間はカフェが多くて、なんだか久々に外国にいる~って気分になりました。なぜってアジア人をひとりも見かけなかったんですの!シティ内がいかにアジア人(留学生)の坩堝か、ということがわかりました。
シティから電車で30~40分離れた郊外に行けばアジア人なんてほとんどいないよ~なんていわれますが、それは普通というか「あぁ、そうでしょうね」という感じなんですが、そこはキンクロ。近いほうなのにこんだけアジア人がいないなんて、やっぱり留学生は街の真ん中のド真ん中に固まるんだなぁ~と関心しちゃいました。外国人が六本木や新宿に集まるのと同じことなんだろーか……。

シティをちょっと出ただけでこんな光景に出会えるとは思ってもみなかったから、今日は新鮮な気分になれました♪
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-26 18:19 | シドニー生活

ペラペラとペーペー

b0132153_223994.jpg
1か月ほど前に、SydneyCityにオープンしたアップルのビル!

久しぶりに英語のことでも。

「ペラペラ」の基準はみなそれぞれ違うと思うけども、大体どういうヒトをペラペラと呼ぶのかわかってきたような気がします。

私は明らかに語彙が少なかったので、ボキャビルを頑張っているが、ペラペラな人はひとつの意味に対して複数の英単語の引き出しを持っている人だ。。もちろんそれらを状況によって使いこなす能力を持つ。
よって、ペーペーな私がいくら努力して憶えたのをそのまま使っても、「それはこういうときには使わない」と言われたり、もっと簡単に言うほうがそれらしい、という状況が多々ある。
シェアメイトのオージーが雨が振ってずぶ濡れになって帰ってきた時、シェアメイトの子がしめたと思い'one of those days(不幸な日、ついていない日)'というのを使って「今日はついてないねぇ、大丈夫?」と話しかけてみたところ「それは、雨に濡れただけのときには使わない。雨に濡れて、財布も落とた上、彼女に振られたり、不幸が重なったときに使う。」と言われていました!
あぁ、それがOne of these daysか……憶えておこう(笑)
さらに、先日、私が「そんなにしつこく彼女を困らせないでよ」(persist in ...ing:(人が)しつこく...する)と言いたくって、'Don't persist in bothering her.'と言ったら、それはふつうに'Don't bother her.'でいい。といわれたり!!
もちろん、同じネイティブでも人によっては全然違ったことを言うのでそれが全くの正解ではないいですけど、あぁ、勉強になるぅぅ…と思いながらも恥ずかしい日々。

長い文章ほど、頭で考えないと出てこないということ、最初はダメだぁ~と思っていたけど、最近は、頭で考えてでてくるんだからいーじゃん!!って思うようになりました。。
少しでもペラペラに近づけるよう、ニュアンスの勉強をがんばりまーす。。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-24 17:53 | 英語
b0132153_2292925.jpg
ブルー・マウンテンに行ったときに乗ったスカイ・レールの真下の風景。滝の絶景!

日本のニュースを知りたいときは、大体Yahoo!Japanとか某SNSのニュース欄を見ますが、日本は、やっぱり理解不能殺人が多い!!今日も、八王子の駅で…というのを見ました。
最近の日本社会ではそれが専ら問題視されているようですけど、私の場合、どうもその土地から離れると、自分とは関係ないどこか遠くで起こった事件という感覚になるので大体のニュースを流して読んでしまいがちなのだが、やっぱり殺人、特に通り魔のニュースがあるとクリックしてしまう。
秋葉原で先日起きた事件には驚いた。。最初は「あーそうなんだ」と思ったが、自分は秋葉原に何度も行っていたし、よく考えたら友達がいたかもしれない!「ヤバイ!危ないなぁ…!」と、我にかえる。。あまりにもおおいですね。

それに比べて、オーストラリアには殺人は少ないそうで、何が多いかっていうと、ドラッグやその他一般犯罪(強盗、窃盗、空き巣、車両盗難、車上荒し等)。これも文化の違いなのか……。ドラッグは簡単に手に入るようで、オーストラリア人と話すとけっこうな頻度でドラッグをやっている。。「過去、彼女に振られたときはもうドン底でね…かなり荒れたよ。かなりBadなことしちゃったよ」etc。そのBadっていうのがどうやらニュアンス的にドラッグらしく、みんなハッキリとは言わないけど、人生(それまで)のLow pointには、大体ソッチにいっちゃうみたいです。彼女に振られたとかそんな理由で使うなよ!って思うけど、そのくらい簡単に手に入るってことですね……。
また一般犯罪に関しては、やっぱりちょっと金品に苦労してる人が多いのかなぁと。それから、土地が広いので、事件起こしても警察が遠いから、来るまで時間稼ぎができる!逃げちゃえ!みたいなことが可能なのかな…(勝手な想像)。

でも、児童ポルノを取り締まるとか性犯罪的なものに関しては日本と同様で増加傾向、取り締まる法律もドンドンできているみたいで、それは当然のことですね。

この前みた世界のランキングでは、思い軽いにかかわらず事件数の多さでは、オーストラリアは3位でしたね。1位はアメリカ。で、2位はなんと韓国。韓国は、謝ったら負け(格下)になるっていうので延々と殴り合いとかが続くらしいです。(本当かどうかはしらない)。日本は、けっこう下の方。

日本で、通り魔や殺人が減ることを祈ります。。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-23 12:08 | シドニー生活

FEATHERDALE WILDLIFE PARK

ブルーマウンテンのあと、フェザデール・ワイルドライフ・パークというところに行ってきました。Sydney Cityからクルマで45分くらいのところ。
そして、やっと、遂にというべきか出会っちゃった……!!
b0132153_237489.jpg

コアラちゃん(´∀`) !!

SydneyがあるNSW州では法律で抱っこできないことになってるけど、触るのはOKなのでなでてきました!
フワフワしてるのかなー?という触る前の想像と違い、なんかほわほわ系です。案外毛がみっちり密集していて見ためはパンチパーマにも見えるような見えないような(くるくるはしていないけど)。
そしてそして、やっぱりオーストラリアの動物といえばもう一方おります。
b0132153_2384024.jpg

カンガルーくん!!

もっと神秘的な感じなのかと思っていたけど、案外普通……顔はウサギっぽいがなんとなくヤギみたいな感じもありで、この子は赤ちゃんだったけど、お母さんが本当に大きくて怖くて近寄れませんでした!
このワイルド・パークはオーストラリア大陸にしかいない動物が集まった動物園というのが売りみたいで、日本とはまた違った雰囲気。
鳥系が多くて、中には上に網がないところが!>「鳥いないじゃん!!」って思わず突っ込みました。本当はワニもいたようでパンフレットに書いてあったけど、気づかずバスに戻ってしまったのでそれだけが悔やまれる!ワニ見たかった…クロコダイルだよ!

最後はお土産屋さんを通って出口があって、そこで見学終了!ガイドさんが待ち構えて、ツアー料金を払いました。バスじゃダメだったんかい!
1日中すーごく寒かったけど、Sydney郊外に初めて出て自然を見てオーストラリアという大きな大陸を感じた。今度は夏に来たいと思う。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-21 19:29

情があまりない

b0132153_20321976.jpg

ベネディクトさんはSydneyを去ったようです。

以前に書いていないと思うのですが。
こちらに来て割とすぐに思ったこと、それは、シドニーに住んでいる日本人は、ちょっと変わった人が多い。ということ。
とにかく、、、、サバサバしている。これは特にマッサージでお客さまを相手にして思ったことだけど、特にうるさい注文やクレームもない代わりに、「いや~本当に楽になりました!(^o^)」みたいなものもない。ほとんどの人が、「ありがとうございます~。じゃ、$60、クレジットで。」みたいな感じ。
最初は、なんか嫌な感じ~とか反応うす~とか思っていたけど、どうやら別に変わっているわけではなくって…みんなそう!?

シドニーに限らず、こういういろんな人種がいる国だと、いちいちあわせていたらキリがない、疲れちゃう。ということで、どこの外国もそうなのかもしれないですが、別に性格が悪いとかタンパクとかそういう理由ではないことがわかりました。ブンカですね。
ということは??それと比較して日本がホスピタリティで世界一優れていると言われている大きな理由のひとつには、受け取る方に情があることが大前提だったのだなぁ~と、ちょっと大きな発見。

それはそれで寂しいですよ。やっぱり私は日本人なんですねぇ~。
店の中で匂いのするごはんをモリモリ食べちゃうのが当たり前になってますが、(タイ料理とかでも全然OK…みんな気にしません。)、そこはシドニーっていいなぁ~なんて思ってますけどね。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-20 20:32 | シドニー生活

World Youth Day

b0132153_1133117.jpg

信じるものは救われる……。

今、シドニーで、ワールド・ユース・デーが開催されています。キリスト教の大きな祭典で、世界各地からのキリスト教の信者さんたちが続々シドニーに集まっています。
ローマ法王のベネディクト16世が来豪、昨日は「スーパー・サーズデー」といって、信者達が法王にお目にかかれる大変貴重な日だったとのこと。

それゆえ、先週末よりシドニーの街には、それぞれの国の国旗をひっさげたたくさんのキリシタンが観光に来ています。周りの人たちは「ウザー」なんていってるけど、私は外国らしくてこういうイベントで世界の人々がシドニーに遊びに来てくれること、とってもいいと思う。
で、なぜ彼らがそうだとわかると言えば、赤とオレンジと黄色の配色のリュックサックをしょってるからです(World Youth Dayのロゴ入り)!これは$200くらいの寄付金を支払った人がもらえるものらしいのですが(知人から聞いた話)、大抵みなさんしょっていたので、それだけキリスト教を誇りに思って盛り上げていこうとしているのですね……。
日本人の多くは無神論者だと思うのですが、たまにこっちの人の感覚を聞いて、日本人も見習った方がいいんじゃないかと思うことがあります。
楽天的な考え方や、神様がみていてくれるからがんばろう~みたいな。それは日本人にとっては自分の力ではなく運まかせで説得力がないものかもしれないですが、少なくとも自殺に追い込むようなプレシャーなどにはならないはずです。
また、彼らは宗教を通して違う国の人々とも親交を深めているだろう、英語が話せることってやっぱり能力なんだなぁ~と感じました。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-18 19:15 | シドニー生活
みなさんには「どうしてもやめられないもの」ってありますか?
私はインターネットとオーストラリア滞在ですね、今のところ。
もし、それを好きな人やパートナーに「やめて」といわれたら、辞められますか?

私の彼はお酒が辞められないみたいで、たまに歩けなくなるほど飲みます。
で、この前、ついに大失敗しました。
で、わたくし、トラウマになっています。。

ただ、嗜む程度にすきなら大歓迎だし、お正月の一件は家庭内だったので良しとしましょう。けれども、今回は……怖すぎてかけません。(DVとかではないです)

そんなちょっと大変な出来事があったにもかかわらず、彼の「どうしてもやめられないもの」→お酒です。

私にはその心境がどうしても信じられない!?育った家庭環境もあるのですが、自分の精神的な部分を考えると、健康のことなど全て心配するには重すぎて……なぜこう相思相愛で想いに関しては申し分ないところでお酒が敵となるのか……。

人によって価値観が違うし、私にとってお酒はなくたって生きていけるものなのでますます理解不能。
「どうしてもやめられないもの」は、「仕事と私」みたいに天秤にかけられない種類のものだからこそ判断が難しい。
私ではお酒の代わりになれないのか。だったらお酒と一緒にいれば!と、言いたくもなるさ。
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-17 20:41 | 恋愛

a plenty of time!!

b0132153_2345514.jpg
夕暮れ時のSydney、冬。

学校が終わり、彼氏も日本へ帰り、昨日から本当に「プー太郎」な生活が始まりました(>_<)
もちろんアルバイトはしているけど、毎日ではないので、とっても時間がある!!慣れない……。

ビーチに行ったり買い物に行ったり、コーヒーを買ってハイドパークでゆっくりしたり、公園にいる人と会話を楽しんだりといろいろできるんですが、やはり忙しくないとそわそわしてしまうところ、日本に居たときのままだなって思います。時間が勿体無い!!
それはそうなんですよね、オーストラリアにいられる時間は限られているし、もしかしたら2年目に突入するかもしれない!ということで、今、他の都市に移動しようかなっとも考えています。
自分以外のワーホリさんたちに聞くと、けっこうみんないろんな都市を経験していてアクティブな人が多い。シドニーもいい所だけれど、シドニーだけがオーストラリアじゃないので、暖かいクイーンズランドの方(ケアンズやゴールドコースト)にお引越しを検討中です。

今ある十分な時間を有効に使って、これからどうするかを考えて情報を集めようと思います☆
もちろん勉強にも精を出して!
[PR]
# by mikey_t | 2008-07-16 23:20 | 恋愛