南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー

<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

a plenty of time!!

b0132153_2345514.jpg
夕暮れ時のSydney、冬。

学校が終わり、彼氏も日本へ帰り、昨日から本当に「プー太郎」な生活が始まりました(>_<)
もちろんアルバイトはしているけど、毎日ではないので、とっても時間がある!!慣れない……。

ビーチに行ったり買い物に行ったり、コーヒーを買ってハイドパークでゆっくりしたり、公園にいる人と会話を楽しんだりといろいろできるんですが、やはり忙しくないとそわそわしてしまうところ、日本に居たときのままだなって思います。時間が勿体無い!!
それはそうなんですよね、オーストラリアにいられる時間は限られているし、もしかしたら2年目に突入するかもしれない!ということで、今、他の都市に移動しようかなっとも考えています。
自分以外のワーホリさんたちに聞くと、けっこうみんないろんな都市を経験していてアクティブな人が多い。シドニーもいい所だけれど、シドニーだけがオーストラリアじゃないので、暖かいクイーンズランドの方(ケアンズやゴールドコースト)にお引越しを検討中です。

今ある十分な時間を有効に使って、これからどうするかを考えて情報を集めようと思います☆
もちろん勉強にも精を出して!
[PR]
by mikey_t | 2008-07-16 23:20 | 恋愛

ブルーマウンテンズ

7月9日~14日まで、日本から彼氏が会いに来てくれた\(^O^)/
約4か月ぶりの再会。無理やり1週間休みをとってきてくれたので嬉しかったけど、正直、1年の1/3ぶりに会うとなるとハラハラ感もあって、再会してやっと落ち着いた…という感じでした。遠距離恋愛でダメになったこともあるけど、今回は違った(´∀`) 最初は恥ずかしかったけど、越えてしまえば本当に楽で、日本に居て一緒に暮らしていたときと何も変わらない生活に戻ったような気もして…キッチン付のコンドミニアムに滞在したので近くのスーパーで食材を調達し、日本のカレー等を作って久々の手料理披露(カレーで手料理というのも何だけど汗)!そんなこんなで楽しかったよ。彼に感謝!!(^O^)

で、ふたりでシドニー近郊のツアーに行ってきました。観光です。ブルーマンテンズ・動物園・ジェノラン鍾乳洞の3箇所日帰りツアー♪
b0132153_12425590.jpg
●ブルー・マウンテンズ(国立公園)
ユーカリの木から揮発するオイルが太陽光に当たり、山々が青く霞んで見えることからその名が付きました。ここはシドニーから一番近い日帰りツアーの名所で、ブッシュウォーキングや避暑地として多くの人が観光に訪れているそうです。
2000年に世界遺産に登録されてまーす(´∀`)
ここには「スリー・シスターズ」という伝説の3連岩があって、アボリジニの伝説があるそうです。
この岩は元々3人の美人姉妹で、ある時そのうちのひとりが山の魔王をうっかり目覚めさせてしまい、父親は娘たちを守ろうと魔法の杖で3人を岩に変えました。ところが(´∀`) !!
父が混乱の中うっかり魔法の杖をなくしてしまい、父親は自らの姿を鳥に変え、今も森の中に杖を探し続けているという……。なかなか困った伝説です。

さて、そのブルーマウンテンズまで行ってきましたが、標高が海抜より1000m上ということで、とっても寒かったです!
暖かい格好をしていかなかったのが悪かったのですが、体感温度は北海道並。。残念ながらユーカリの油分はハッキリと見えず、これは夏によく見えるそうです。

この公園内には乗り物(アトラクション)が3種類ありまして。
世界一の急勾配:最高傾斜52度の崖をトロッコ列車で下るスリル満点のレールウェイ、眼下にスリーシスターズやカトゥーンバ滝を望む地上200mの切り立った崖を往復するスカイウェイ、それから545mの高さから谷底まで最高傾斜39度で下るロープウェイです!
私と彼氏はレールウェイを選択。足元が透明になって、谷底が……怖い!!
b0132153_12432639.jpg

とっても寒かったけど、オーストラリアの広大な自然を初体験でした★
b0132153_1244137.jpg

崖を壮大に下るカトゥーンバ滝。
[PR]
by mikey_t | 2008-07-15 11:36

そしてその4か月後


先週、とうとう16週間にわたる語学学校が終わった。卒業を迎えました。

この日は、日本を離れてから常に意識していたXデーであり、永遠にこないような気がしていた時であったのですが、とうとう来ました。
「永遠にこないような…」というのは、語学学校を終える=ある程度の目標に辿り着いていないといけない時期という風な位置づけに自分にとってなっていたような気がします。何でも、スキルを身につけるというのは未経験地帯で想像がつかないものです。そのときを思うとわくわくしますよね。
Xデーというのは、想像するときは爽やかでテレビドラマのような展開を想像しがちだけれど、やはりそういかないのが現実。その16週間足らずで得た英語力はいかほどか?と言えばもちろん完璧ではないわけで、卒業してしまえば、あら何のXデーだったのかしら?と思うくらい生活は何も変わっていません(笑)

しかし!!
明らかに問題が山積みで……あとは自分の努力次第、それしかないんだなぁ~と想い始めたことが結果的に「Xデー」の始まりでして、ダメ出しでも問題がハッキリとわかったことで良し。
そんな感じでシドニーライフが続いていく。

Xデーは次のXデーへ。そうして人は進化してゆくのですね。

b0132153_20242727.jpg

[PR]
by mikey_t | 2008-07-03 20:33 | シドニー生活