南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー

<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日本は裕福な国

b0132153_23274056.jpg

今日は、フリークラスがありました。
私の学校では、普通授業は月~木曜で、金曜はタダの授業を開いてくれます!なんてありがたい!
Pronunciation&Listening,vocaburaly,Conversation,Grammarとあって、2つが同じ時間に行われるため最大2クラス選べるしくみ♪
全レベルが対象なので色んなレベルの、いろんな国籍の生徒と友達になるチャンスです。

で、今日Conversationに出席して、タイ人といろいろ国のことについてトークをしていたんですが、ひとりターキー(トルコ)出身の男の子がいて、彼が言うにはトルコは本当に貧乏な国らしい。
貧乏というか充分な仕事がなく、政府も国民に仕事を与えようとしてないらしいです。
トルコ(かその周辺?)では9か国語くらいの言語が話されていて、大抵トルコ語(?)と英語とあとひとつくらい話せるのが平均で、もし6つも7つも話せる人がいたらその人は仕事を見つけることができるとかできないとか。
だから大学を卒業しても仕事がない場合が多いし、大学に行ってもない人は当然見つからないようです。物価も相当低い。
なのでその彼は、ケバブレストランを運営していたけれど、国に未来を感じなくなって、裕福なオーストラリアへ来て、一生国に帰りたくないらしい。

なんて話だっ(泣)

で、タイはというと、英語が話せる人が高収入を得られるようなしくみになっているらしいのです。

なんか、日本と全然違うな~って思った。
日本は高収入を得られるかどうかに英語は関係ない方が多いし、英語を趣味で習ってる人がたくさんいるもんね。

ちょっとそういう話を聞くと、この職業につきたいから英語をマジに勉強したい!って気持ちは理解してもらえるものなのかなって思った。
頑張って英語を習得し実際高収入を得ているひとは本当に立派だと思う!けどそれは個人が自己満足や目的を達成するために自ら選んだ道であり、英語を習得しないと食べていけないとかよりいい仕事につけないとかそういうのとは全然違う次元の話だよね。
何でmikeyはここに来てるの??って聞かれたので、それは自分が外国人のお客に英語でも説明したいからなんだって説明したら、「Oh~,Good!!」と言ってもらえたけど、自分はいずれ日本に帰ると思うから、本当に日本って裕福な国なんだなって思いました~。

最近の日本は全然ダメ、これからどんどん中国に追い抜かされて…なんて思ってたけど、それは違うね。
感謝しないといけないですね。
[PR]
by mikey_t | 2008-04-11 16:20

Manly Beach

今日は、語学学校のみんなと先生と、課外授業でManly(マンリー)へ行ってきました!
b0132153_17453276.jpg

マンリーはCityから一番近いビーチとして有名で、サーフィンのメッカでもあります。
Cityのサーキュラーキーという駅(オペラハウスの側)にシドニーフェリー乗り場があり、そこかあフェリーに乗っていきます。Cityとマンリーは陸続きなのですが、間に海が大きく入り組んでいるため、フェリーで行くのですね。
30分弱くらい。大人1人片道$6です。

マンリーに着くと、本当にいいお天気でCityと違い大きなビルもないので日光の痛いこと!!
もう4月も半ばに入るというのに、地元の人たちは夏真っ盛りの格好で海やビーチの景観を楽しんでいました。
サーファーももちろんいたし、小学生くらいの団体がサーフィンの授業でビーチに来ていました。
学校の体育の授業がサーフィンなんでオーストラリアならでは~!(゚∀゚)
(私は小学生のとき、毎年冬になるとスピードスケートが学校の体育の授業でしたが。)
b0132153_1748868.jpg

この景観には本当に癒されます。ギラギラ★
b0132153_17464440.jpg

まるで旅行のパンフみたいなビーチ。
b0132153_17492284.jpg

この透明度!
b0132153_17512445.jpg

ベンチでリラックスタイム、日光浴してすごく癒されました~。
ずっとこの海に会いたかったんです(^ω^)
すごく静かでラグジュアリーな……というビーチではないですが、家族でもカップルでもいろんな人たちが楽しめる街です。
スーパーマーケットもあるし、近くにたくさんのカフェやレストランがあるので、外のテーブル席で食べるもよし、テイクアウトしてビーチで食べるのもよし!!
shoppingするとこもあって、Manlyはほんといいところでした♪
[PR]
by mikey_t | 2008-04-10 18:02
タイトルどおり、過去に一度遠恋に敗れて以来、絶対にするものか!
と思っていた遠距離恋愛。
この留学を期にそうなってしまいました。

今、私には付き合って5か月の彼氏がいますが、彼は日本で待っています。

今、ちょうどシドニーに来て1か月くらいがたちますが、全然平気です。
それまでは、本当に精神的に頼れる(依存する)人が誰かいないとダメ……みたいな女子だったんですが、今の彼氏と会ってから、彼のどこからくるのかわからない自信に支えられて?
うまく留学できてるって思います。

私はけっこう恋愛論を語るのが好きです。
もちろん自分が勝手に思うことだけれど……。
あーでもないこーでもないって思ってずーっと何年も悩んでたんですが、
今はその苦労が報われたのか、安定しています。

で、今ナンデこんなに平和なのかな?って考えて思うことは。
自意識過剰ではなく、リアルに、
私が彼を想うよりも、彼が私を相当想っている。
って事実があることが最大の要因とオモイマス。
「女は愛されなさい」「愛されることが女の幸せ」
と、人生の先輩たちから初めて言われてから5年。

みなさんご存知の通り、男はケモノです。浮気なんて簡単です。
タンパクな人は、いくらこっちが頑張ったところでウンともスンともいいません。

泣いてしまうのは、そういうのをムリヤリ自分に合わせようとしていたからで、
今、私は自分が認めた人を好きでいる。本当にcomfortable(心地好い)な関係です。

私は今24歳で、ある意味同年代の男の人がシリアスにリアルに変わってくる時期だからこんな風に思えるのかもしれない。
私の彼は、あまり大きな声では言えないですが(とかいいblogに書いちゃってるんですけど)かなりの女の子大好きな男の子だったらしいです。
だからそれを聞いて、初めは絶対にお近づきになることなどまったくないのだろうと想っていたのですが、人生まったくわからないものです。

毎日2~3通のメールと週末にはスカイプで小1時間ばかり会話。
それで充分なのですね。

あれだけ難しいと想っていた遠恋が、今は本当にらくだと思える。
もしダメになっても仕方ないと思う余裕さえある。

想われてると本当に幸せです。
それで好きな仕事ももう既に見つけ、キャリアも最低期間は積めて、両親も元気だし、こうして第の夢を叶えに来れてる自分は本当に幸せもってもんです。
ちょくちょく恋愛トークくりひろげます!
[PR]
by mikey_t | 2008-04-09 18:13 | 恋愛

hostelでの出会い

Sydneyに着いて2週間は、Broadwayにあるhostelにstayしていました。
hostelってどう説明したらいいか難しいですが、1つの部屋に2~4人くらいのベッド(2段ベッドが断然多い)があって、キッチンや冷蔵庫、ランドリー、トイレバスルームは他の全部の人とも共同で使うっていうところです。
もちろん24時間出入りOK。
私の泊まっていたところは女の子の4人部屋で、ワーホリ中盤の子とワーホリがもうあと数日で終わる子がロングでいて、あとはちょこちょこと、オーストラリアを3か月くらい旅してたけど日本に帰る前にシドニーに2、3泊して観光して帰るみたいな子や、ホントは別の地域に住んでるんだけど、今日は検疫に出されてる愛犬に会いにシドニーに来たの、みたいな人が入れ替わり立ちかわりでさまざまでした。
バックパッカーは一部屋8人とかで、男女ミックスも所によっては普通らしいんですが、ここはそんなこともなく、ずっと旅してきた汚らしい人などもいなく(笑)よかったです。

Cityまでは徒歩20~30分くらい。
東京にいたときはすぐに電車に乗ってしまいがちでしたが、こっちでは距離が全然気にならない。歩きます。街自体が小ぢんまりしているのでたいしたことないんです。

ホステルではけっこう色んな出会いがありました。
とは言え殆どが日本人だったので、今親交を深めている人は結局いませんが、同じときにシドニーの同じ場所で会っても、みんな全然目的が違って話を聞いていて楽しかった。
でも、一番驚いたのは、私と同じような人がまったく居なかったこと。
こっちにきたら同じく英語やりたい日本人にもいっぱい会うんだろうなって思っていたけど、ほとんどの人が観光や旅が大好きで各地を回っているひととか、とりあえずきてみたみたいな人だった。
確かに、本当に英語やりたい人は大学にいくのかもね…。
でも中には、半年語学学校に通って、ローカルの専門学校に通い始めた人もいましたが。

で、若い子が多かったです。(自分もまだ若いけども)
「旅の出会い帳」とか持ってる男の子がいました。
いろんな人に書いてもらっていた。私もちょっと話しただけなのに書いてって言われた。
ほんと色んな人がいました。

私はちゃんとしたシェアルームが見つかるまでの仮住まいとしてステイしていましたが、料金は$160/wで、安かったです。
トイレやバスルームも共同だったけど、常にキレイだったし案外となれるものですね^^
[PR]
by mikey_t | 2008-04-09 16:06 | シドニー生活

Exam

b0132153_19425987.jpg

写真は本文と大いに関係があります(笑)

今日は、Exam(テスト)でした!
私は今、Pitt STとPark STの交差点の近くにある(Pitt沿い)とあるEnglish schoolに通っています(^ω^)
コースはGeneral Eiglishで、他にも、BusinessやIELTSのコースもあります。

Generalでは、Grammer(文法)を主に、Writing,Reading,Speaking,Listeningをまんべんなくやるっていう感じです。
日常会話ができるほどの英語力があれば半分から上のクラスに上がることができ、そこからBusinessやIELTSのコースに行くことも可能です。

というしくみがあるのですが、今日のExamはまさしく
そのレベルアップチャンスのテストでした!
このテストは1ヶ月に1回実施されるんですが、8割以上取れば自動的に上のクラスに上がれます。
チャンス(^ω^)私はちょっと気合入れて文法ばっかりやってました!最近。

正直、今のクラスはタイ人が殆どで、彼らは授業中ですらタイ語でおしゃべりばっかりなので(汗)上に上がりたいな~~なんて思ってましたの;;
(タイランンドにはワーホリビザがないため、出稼ぎ目的で渡豪している人は学生ビザを使います。そのため、英語を習得しようとしている人とそうでない人との差が歴然なのです。)

で肝心の問題は…うーん、いいとこついた問題ばかりでした!
問題数のわりに時間が少なくて急いでやったんですが、まずは問題の意図を掴むところで迷ったりしました(もちろん英語なので;)。
なんとか全問書くだけ書いて、提出。
終わったあと、すぐに答え合わせをしたのですが(もちろん他人の)…最終的に見た自分の回答は、ケアレスミスが多かった。
高校のときとなんら変わっていませんね~(´∀`)
でも、なんとか85%を獲得!!

わーい\(^∀^)/★

午後からはListeningテストとWritingテストをやったんですが、
Listeningは問題がクリアな声でslowlyだったものもあって、なんとか;;
6枚の絵があるんですが、全部渋滞とか交通関係の絵で、まずどの文が何の絵のことを言ってるのか番号を書いて、その上それぞれ何がいけないのか書け、とかいう内容……。
超ギリで未完成提出!
Writingは、夢を見た設定で、まずどこにいて(Where are you?)何をしていて(What are you doing?)何かが起きて驚いて(be surprised....)、また再び何かが起こって(What happen?)、不幸なことが起こり(Unfortunately...)、最後にどうなったの?(Finally?)というストーリーを作れと!
これは課題があって、3枚の絵を元にするんですが、私は「鳥」「木」「バッグ」でした。

で……森に鳥がいて、鳥が「この森から逃げなさい!」って言うから(そこで第1の驚き)川沿いに歩いていったら川からカバンが流れてきて、カバンを取って開けたらさっきの鳥がそこに入っていて(再び起こったこと)不幸なことにその鳥が私の財布を盗み、最終的にはその鳥を捕まえて謝らせた(笑)みたいなほんと有り得ない話を作ったというよりはなっちゃいました(笑)
ちょっと自分でもおかしかったです(笑)

結果が発表されれば次週から変わります。
うーん、上がれるだろーか(^ω^)
面白かった。
[PR]
by mikey_t | 2008-04-07 16:27 | 英語

Sydney到着!!(2)

No,7のBus stopがない……。どういうこと!?と思ってウロウロしていたところ。
ジョージ・クルーニー似のおっさんに声をかけられた。
最初は高速すぎてナニ言ってるか全然聞き取れなかったが、…うーん、どうやらどこに行くのって聞かれている。
Broadwayに行きたいんだけどNo,7のバス亭ってどこ?と問うと、
俺が連れてってやるよ~!
と言うオッサン。

HPのinformationでは、私が乗るはずのBus(K.S.T Airport=空港リムジン的なやつです)料金は$8。
いくら?と聞くと、$15…。
高い!どうやらそのおっさんは民間の送迎屋…

①あやしいのでとにかく振り払う(どっか変なところに連れて行かれたらどうしよう)
②No,7 bus stopを探す
③妥協して乗る

Life CardのCM状態になり、①と②を選択。
「いいです」
と言って、振り払う。

が、荷物が多い、重い、暑いで動きにくい。
その上どこに居るかもわからないし、充分英語が話せない。

ちょっと離れたところで再度おっさんに捕まり(←すごいしつこい)
んーもう。$15だけど仕方がない、
宿には絶対つかないといけないしとにかく暑かった!!
結果:③(笑)

おっさんについていくと、10人乗りくらいのマイクロバスの前に着き、そこには私と同じ状況で掴まったのかどうなのか、相乗りするお客たちが。
ちょっとホッとするが、アジア人は一人もいない。

10分後、おっさんのBusはSydney Airportを抜けCityに向けて走り出した。
あ~緑、緑、緑!
b0132153_8541024.jpg

ヨーロッパ調な建物が多い。まさしくイギリスの影響だね。
b0132153_8561582.jpg


私が街に感動している間、おっさんは空いている1seatを埋めようと、道の途中でもbusを止め、スーツケースを持っている人に声をかけていた。
それから、信号待ちのとき、いきなりマラソンランナーが運転席にいるおっさんのところに来ておしゃべりを始めた。
ここ車道なんですけど!!……。

20分くらい走ったところで、Broadwayの通りに到着★

がっ、またここからわからない。
日本と違って、shopping mallとかもデカデカとした看板がなく、地図を見てもまず自分がどこにいるかがわからない。
空港ならまだしも街の中では本当にやばい。
人はたくさん歩いていたけど、ほとんどが白人!!

んーどうしよう、と思ったところで、いすゞのトラックを発見(゚∀゚)アッ!
と思ったら休んでいたそのDriverのお兄ちゃんと目が合い、道を聞くことに……。
とてもいい人だった!
私はHostelの反対側にいて、危うく離れていくところだった。
正しい道を聞き、荷物を引きずりながら歩くこと5~10分くらい。

Hostelに到着!!(嬉)
長かった……。

ちなみにBus(K.S.T Airport)料金、後から調べたら$8っていうのはもう古い情報で、今は$12らしいです。
Bus意外にも、空港からCityまで電車でもこれます。
知らない土地に行くときは、多めに情報を集めとくべきだなって学びました!!;
[PR]
by mikey_t | 2008-04-05 09:17 | シドニー生活

Opera house

さて♪
Sydneyと言えばやっぱりオペラハウス!(Orera house)!有名ですね。
この3週間で、3回も行きました♪

Opera houseはCityの中心(Town hall)から北に歩いて大体15分くらいのところにあります。
一番大きな通りであるGeorge(ジョージ) Streetを北に歩いていけば着くんですが、その間は有名なショッピングモール(QVB)やほかにも服屋、カフェなんかもたくさんあるので、行くまでの時間も楽しく過ごせます♪

ジャン!お天気がめちゃんこいい日のワンショット。
b0132153_1513125.jpg

思ったよりキレイじゃないみたいな意見も聞いてたんですが、全然素敵~!
エントランスまではこんな感じ。高いところに立っています♪
b0132153_15152433.jpg

オペラハウスからのシドニー湾の眺めは本当に最高です★
ここからフェリーに乗って、North Sydneyやビーチで有名なManly(マンリー)まで行けます♪

オペラハウスの階段を降りてちょっと下ったところには、市民の憩いの場になっている公園があります。
日光がとても強くてクラッときそうなときは、木陰に入るとすごく涼しい♪
これはすっごく大きな木でした!葉っぱで半径5mは余裕で木陰になります♪
b0132153_15193882.jpg

水色、青、緑、白、茶色……人口色がほんのCityの中心にしかないSydneyはほんとにきれいな街。
とくにこのオペラハウスの近くは、爽やかな海風と強烈な日光のハーモニーが楽しめる。
この風景を前にサンドイッチやfish&chips、ワインやオーストラリアのビールも楽しむことも出来ます♪
昼間ッから飲んで「drunk」状態でした。最高♪(ただし、グラス一杯のワインが$9とかでやや高め)

最後に、フェリーから撮った夕暮れ時のopera house★
b0132153_15372992.jpg

[PR]
by mikey_t | 2008-04-04 15:38

Cityのコスメ事情♪

今日は学校が終わったあと、クラスメイトのIvy(アイビー)と一緒にShoppingしてきました。
彼女が水溶性のファンデーション(メイク道具です)が欲しいということで、Cityでも中心の通りのPitt Street(ピットストリート)のケミストへ行ってきました♪
ケミストとはドラッグストアのことで、薬だけじゃなく化粧品やサプリメント、シャンプー類とかも売ってる店のことを指します♪要はマツキヨです。

日本でもおなじみのMAYBELLINEから、L'OLEAL、Revlonなど、お手ごろ価格(reasonable)なコスメがいっぱい。
もちろん、見たことないオーストラリアブランドのもありましたよが、どれも日本と同じくらいの価格(それだけ物価が安くないんです~)。just looking(見てるだけ)でも楽しめる♪
もし、そのほかのSK2とかClineque、Bloomなどの高級系が欲しければ、MYER(マイヤー)という、日本で言うと高島屋とか三越みたいなデパートがPitt STにあるので、そこに行けば大体のものは手にはいると思います♪

シドニーに来る前、cosme,shampoo,treatment,bodysoap,化粧水、乳液、洗顔料……ありとあらゆるものが、品質があまり良くないとか匂いがキツいとか日本人に合わないとかそんな情報をたくさん見たんですが、
決してそんなことはないと思います!!
私はillumeの化粧水を2本も日本から持ってきたんですが、フランス製で有名なAvene(アベンヌ)も普通に売ってるし、持ってこなくても別に大丈夫だったなぁって今は思います★
他にもおなじみBody shopやL'OCCITANE(ロクシタン)もCityの便利なところに普通にあるので、日本と同じに生活できますよ♬

ちなみに今私が使っている化粧水やらコスメやらは日本から持ってきたやつですが、
Shampoo&Conditionerはこっちで買ったPantene(パンテーン)です。使い心地はもちろんGoodです!
ほかにも一時期CMがオモロくて流行ったHarbal Essenseとかほんとここまで来ても視界に入るのかって正直思ったダブもあるので安心です♪

まだこっちに来て3週間なので未開拓の地がいっぱいですが、コスメのいい情報見つけたら載せます♪

P.S.
この場を借りて、はじめさん!
雑記みました。どうもです。
いや~感動。頑張って何かを掴んできます♪^^
[PR]
by mikey_t | 2008-04-02 20:21