南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

間違いを恐れるな~

今日、また引越しをしました。
もう今回で4件目だけど、これが最後の家になります。

家には同い年の日本人の女の子(誕生日4日違い!)とインドネシアンガイがいます。
そのガイが先ほど私が考えながら英語しゃべってるのを見ていったことば。

(゚∀゚)「間違いをおそれちゃダメ。とりあえず口に出して法則を気にせずしゃべってみる。そのあとで魔自分が何を言ったかわかるじゃん、振り返って間違いを直せばいい!」

うーん、すごくいい言葉。
始めの頃から特に語学学校でこれはよく言われていたことだけど、はっきり言ってこれ、できるようでできない。なんでかといえば、語学学校に通ってるときは、間違えようにも言葉がでてこない。そもそもその「口からでまかせ」がまずできなかったりする。
だって会話することに慣れてないもん。英語のリズムのわからないし。
そう、問題外。ってやつです( ̄ー ̄)

なので今、やっとそれを行動に移せるところまできました。
とりあえず口からでまかせはでるもん。
無意識に!何も考えずに脳→英語だけで!

そうすると、けっこうDid you sleptとか過去なのにWe goesとか言っちゃうんだな~ぁ。
で、一番フクザツなのが、集合名詞のあとのbe動詞。
例えばthe childrenとかthe crewとかthe policeとか。theってついてるくせに1人じゃないし。isとareどっちさ?っていうお話。アメリカ英語では単数、イギリス英語では複数とみなすことが多いらしく、アメリカ英語が基礎の頭が今イギリス英語圏にいるのでややこしいことになる。

あーでももう少しなきがするぅぅぅ~
慣れるしかなーい!
だから間違いを恐れず話しまくるしかなーい!
0.5秒以内に話し始めよ。みたいな。
[PR]
by mikey_t | 2008-12-06 23:48 | 英語