南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

過保護のライン

留学をしていると、日本人以外の人もいろいろな事情があって海外に来ている。

英語の習得ための人もいれば、出稼ぎに来ている人、
国でいい就職につくために海外経験が必要なので、などいろいろある。
でも一番そのなかでも強烈なのが、親の勧めで来ている人。。
私は実際会ったことはないけど、親だけが熱心で子供は特に興味がない、
でも他にやりたいこともないので…といった具合。

どこからどこまでが過保護ラインかは人それぞれ感じ方が違うけど、
いちばんわかりやすいのがお金。
留学後に返す約束で2桁まで親に借りてるという人はよく見かけて、
彼らはがんばってバイトしてる。
しかし(゚∀゚)!!
一度、シドニーの大学で通訳になるための勉強をしている20代半ばくらいの女の人(日本人)
に会ったことがあるけど、彼女はその前にアメリカの大学に行っていたが中退して、
その後オーストラリアの大学に入りなおした、と聞いた。
海外で通訳の勉強するのはすばらしいことだけど、その莫大な学費を親が払っていたとしたら…
それは十分過保護の範囲にはいるだろう。

お金持ちにはわからないと思うけど、
20代も半ばを過ぎていろいろ親に経済的に頼っているっていうのは、
度を越すとパンピーからみて非常にやばいものがある。
たまにやっかみ
そら実家暮らしなら金たまるよなぁ~(-ω- ) とかもあるw
(それってあくまでも日本社会だけの考え方らしいですが(゚∀゚)たしか。)

でも、お金で学力は買えません。
過保護な親でなくてよかった。
[PR]
by mikey_t | 2008-12-04 19:16 | シドニー生活