南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ペラペラとペーペー

b0132153_223994.jpg
1か月ほど前に、SydneyCityにオープンしたアップルのビル!

久しぶりに英語のことでも。

「ペラペラ」の基準はみなそれぞれ違うと思うけども、大体どういうヒトをペラペラと呼ぶのかわかってきたような気がします。

私は明らかに語彙が少なかったので、ボキャビルを頑張っているが、ペラペラな人はひとつの意味に対して複数の英単語の引き出しを持っている人だ。。もちろんそれらを状況によって使いこなす能力を持つ。
よって、ペーペーな私がいくら努力して憶えたのをそのまま使っても、「それはこういうときには使わない」と言われたり、もっと簡単に言うほうがそれらしい、という状況が多々ある。
シェアメイトのオージーが雨が振ってずぶ濡れになって帰ってきた時、シェアメイトの子がしめたと思い'one of those days(不幸な日、ついていない日)'というのを使って「今日はついてないねぇ、大丈夫?」と話しかけてみたところ「それは、雨に濡れただけのときには使わない。雨に濡れて、財布も落とた上、彼女に振られたり、不幸が重なったときに使う。」と言われていました!
あぁ、それがOne of these daysか……憶えておこう(笑)
さらに、先日、私が「そんなにしつこく彼女を困らせないでよ」(persist in ...ing:(人が)しつこく...する)と言いたくって、'Don't persist in bothering her.'と言ったら、それはふつうに'Don't bother her.'でいい。といわれたり!!
もちろん、同じネイティブでも人によっては全然違ったことを言うのでそれが全くの正解ではないいですけど、あぁ、勉強になるぅぅ…と思いながらも恥ずかしい日々。

長い文章ほど、頭で考えないと出てこないということ、最初はダメだぁ~と思っていたけど、最近は、頭で考えてでてくるんだからいーじゃん!!って思うようになりました。。
少しでもペラペラに近づけるよう、ニュアンスの勉強をがんばりまーす。。
[PR]
by mikey_t | 2008-07-24 17:53 | 英語