南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お金の不思議1

b0132153_2233429.jpg


今日のシドニーはとっても寒かったです!!
6月から季節は冬の扱いということで寒くなってきているんですが、それでも気温が低くなるという感じの寒さではなかった。
ですが、今日は日本の冬を思い出すような冷え込みよう。なんていうのかな、10:30amに出かけたのですが、空気自体が冷たかったです。

いつもスーパーマーケットで買い物をしていて、不思議というかどうしても受け入れられないことがある。
それは、値段の表示が$1.99とか$5.98になってること。
こっちに来た当初は日本円で¥199とか¥598のことだと思ってたんですが、オーストラリアの最小貨幣は¢5。

おかしーーーい。

つまりどーいうことかというと、日本だったら¥199を払って、¥200だしたら必ず¥1がおつりで返ってくるけど、こちらはroundingといって小数点第2位切り上げで、なんと$2を請求されます。
5個買って初めて¢5引きです(笑)
でも逆に切り捨てもあって、全部の会計が$12.52とかだったりすると、払うお金は$12.5でよかったりもします。
1992年に¢1コインと¢2コインが廃止されたのですが、表記がそのまま残ったままだからだそうです。その辺がオーストラリアらしいですねぇ~。
なので、いつも結局は$2払うということ頭では理解してるんですが、やっぱり$1.99のほうが安く思えて買ってしまうんですよねー。それは日本と同じだったりする。

ちなみにコイン種類は、今は、上から$2、$1、¢50、¢20、¢10、¢5の6種類。
大きさは、¢50コインは¥500玉の二周りほど大きく(残念ながら上の画像には載ってない。)直径が33,5㎜だそーで)かなり邪魔なうえに重い(15.5gだそーで)。そして$1>$2コインだったりする。
まぎらわしい。

次回はおそらく、プラスチック素材でできている札について書きます♪
[PR]
by mikey_t | 2008-05-25 20:47