南半球、AustraliaはSydneyで暮らしています。郷に従いLazyに自己主張☆毎日が新鮮な日々!


by mikey_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私のまわりのへんな人2

でも、だからといってその人が「変人」っていうわけではない。

人とコミュニケーションも全然とれるし、むしろ個性的で好かれるタイプ。
仕事に関する勉強もかかさないし、彼女と一緒に働けて嬉しいし楽しい(゚∀゚)

食べ物の好みだけじゃなく、彼女は髪の毛を自分で切る。
前髪だけじゃなく、横の髪も。
ショートカットとかボブみたいでカラーリングももちろんしてないナチュラル思考なのだけど、
いくら「短い」のでも素人が自分で切るので、私はいつも「美容室行ったらどうですか?」
と言わずには居られない。伸びてきたらいい感じにまとまるんだけども、切りたてのときに横から見ると…自分で髪を切ってみたー!っていう小学生のようになってる(笑)理由を聞くと、すぐ伸びちゃいうし、お金がもったいない。だそう。そんな彼女、自称「ケチ」。
美人なのにもったいない…。

そんな「ケチ」な彼女。どーも流行りものに興味がないし、別にしらなくても生きていける~♪
といった性格のようだ。服も、ほとんどフリマで買うそう。このパーカー100円だったの!!とこれは300円!とか、このトレーナー中学生の時から着てます。とか…オシャレしてくれ。と思う。美人なのに…。でも、ピアスは毎日違くて可愛いのをつけてるんだな。妹さんの手作りピアス。
私からみてみたら毎日違うピアをつけるのが大変だと思うんだけど。

そんなバイト先の先輩。
歴史を聞いてみると、10歳くらいのときから既に変わり者だったということが判明。
ご両親は学があって、共に著書を出版しているほどのかたがた。自由に育てられたんだなーと思う。
ご両親と今でも仲良しで、日本とオーストラリアの遠距離にも関わらずほぼ毎日連絡を取っていて、私にもご両親の話を毎日のようにしてくる。なので私は自分よりも彼女の両親に詳しくなっている最近。
彼女はこの先、一生オーストラリアで暮らしていくそう。果物や野菜もおいしいと大絶賛だし(これは食べられるのかな?)

変わってる。でも人それぞれ生き方は違うし、彼女ははっきり言ってこのほかにもまだまだエピソードがあるくらい強烈なところもあるんだけど、それを「変わっている」という私がいかに「普通」の範疇の中で普通でいることがさも当たり前という意識で生きてきたかっていうのを知らされた気がしたな。で、日本に帰ろうって思った。
よっぽど日本以上に惹かれるものがないと海外では「暮らせ」ない。一生って意味で。
[PR]
by mikey_t | 2009-01-11 15:57 | シドニー生活